Skypeを使って、薬袋先生がマンツーマンでFrame of Referenceを指導します。

『英語リーディング教本』の内容を完全に理解し、読解・作文に使えるようになることが目標です。

パソコンのモニターに教材を表示し、Skypeの画面共有を使って、受講生と先生が同じ画面を見ながら、質疑応答していきます。

質疑応答は受講生の質問に先生が答えることもあれば、先生が質問して、それに受講生が答えることもあります。
薬袋塾では、先生が質問して、生徒が答える質疑応答を「FoR特訓」と称し、塾生は必修で受講し、大きな成果を挙げていました。
教材は『英語リーディング教本』『英語ベーシック教本』『DVD-Book Stage-1のテキスト』から、受講生が希望するものを1つ選んで使用します。

1回のレッスンは1時間で、5回コース(全5時間)と10回コース(全10時間)があります。
レッスンの日時は平日・土曜・日曜の午前9時から午後11時までの間で、先生と受講生が相談して決めます。
毎週1回のレッスンが基本ですが、受講生が希望すれば週2回レッスンを受けることもできます。
逆に2週間に1回にすることも可能です。
また、1回レッスンをするごとに、次回のレッスンの日時を相談して決めることもできます。
受講料は5回コース(全5時間)が3万円、10回コース(全10時間)が6万円です。

現在、第1期の受講生を募集しています。
募集人数は若干名で、申し込みは先着順で受け付けています。

Skypeによる体験レッスンを無料で受けられます。

お問い合わせ、体験レッスンの申し込み、あるいは、正式な受講申し込みは メープルファーム出版部 までメール、電話でご連絡ください。


(c) minai-yoshiro.com